アンチウィルスソフトclamavの更新作業

定期的に更新するようにしておいて、メールで結果を届くようにしていた

clamavがアップデートできないとエラーを出していて、その内容を見てみると

どうやらバージョンアップされているからできないみたいだった。

 

早速やり方をgoogle先生に聞いてみるw

 

まず確認

#freshclam

更新を自分でコマンド打ちしてみる

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!

これがその警告みたいだ。

 

インストール時にEPELレポジトリをENABLEで追加していたのですが

知らずに(忘れて)参考にしたサイト通りに

# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

とやってみると、エラーで怒られた

ファイル /etc/rpm/macros.ghc-srpm (パッケージ epel-release-6-8.noarch から) は、パッケージ redhat-rpm-config-9.1.0-72.el7.centos.noarch からのファイルと競合しています。

 

という訳で、自分の環境で入っているリポジトリをアップデートしてから、

clamavを更新する。

# yum --enablerepo=epel update epel-release
# yum --enablerepo=epel update clamav

 

依存関係含めて更新されたので、これで多分大丈夫だと思われる。

まぁ結果は明日以降のメールでわかるかな。

カテゴリー: Linux パーマリンク