CentOSで後からX-Windowを起動する

Windows2000が入っていたノートにCentOS5.2をインストールしてみました。
十分に動くと思いましたが、今回はテキストベースです。

通常通りインストールが終わってGUIも見てみたかったので、
 startx
無事にX-Windowが起動しました。

もしGUI起をサーバーの起動時から動かしたいなら
 vi /etc/inittab
 id:3:initdefault:   <——– 3を5に変更する

これで次回の起動から、X-Windowが起動します

カテゴリー: Linux パーマリンク