Hibernate3でコードを自動生成する

Hibernateは便利ですが、Hibernate3になってからantのビルドが(私には)できないので
別の方法のHibernateToolsを使って、マッピングxmlとOMクラスを生成します。

1.まず最初にHibernateToolsのプラグインをEclipseに追加します。

URL:http://hibernate.org/
今回設定した最新版は「hibernate-distribution-3.5.1-Final-dist.zip」です。

2.ダウンロードしたzipを解凍し、必要なJarファイルを取得します。
・hibernate3.jar
・lib/requierd/antlr-2.7.6.jar
・lib/requierd/commons-collections-3.1.jar
・lib/requierd/dom4j-1.6.1.jar
・lib/requierd/javassist-3.9.0.GA.jar
・lib/requierd/jta-1.1.jar
・lib/requierd/slf4j-api-1.5.8.jar
・lib/cglib/cglib-2.2.jar

3.続いて必要になるlog4jのjarファイルを取得します。
http://www.slf4j.org/からダウンロードします。
今回はhibernateに入っていたjarの「slf4j-api-1.5.8.jar」とバージョンを合わせて1.5.8を使います。

4.必要なファイルにパスを通します。
プロジェクトを右クリックし、「ビルドパス」⇒「ビルドパスの構成」を選び、
Jarの追加でlibの中にあるjarを全て選択します。

5.プロジェクト名を右クリックし、「新規」⇒「Hibernate」⇒「Hibernate構成ファイル(cfg.xml)」を選択し、次へボタンをクリックします。
hibernate3設定

6.プロジェクト内の「src」を選択して次へボタンをクリックします。
hibernate3設定

7.使用するデータベース接続情報を設定し、コンソール構成の作成をチェックした上で、次へボタンをクリックします。
hibernate3設定

8.表示された画面のまま、完了ボタンをクリックします。
hibernate3設定

9.Hibernate.cfg.xmlが生成されます。
hibernate3設定

10.* ツールバーのHibernateアイコンの横の▼をクリックし、「Hibernateコードの生成の構成」をクリックします。

hibernate3設定

11.先に作っておいたコンソール構成を選択します。また、出力ディレクトリーを作成し、指定する事で既存のソースを上書きすることがなくなります。
hibernate3設定

12.エクスポーターのタブをクリックして、中央にあるエクスポーターで「ドメイン・コード」と「HibernateXMLマッピング」を選択し実行ボタンをクリックします。
hibernate3設定

13.出力ディレクトリーに自動生成されたソースをOMパッケージに移動して生成は終了です。

hibernate3設定

14.最後に生成した「Hibernate.cfg.xml」にクラスとxmlをマッピングする設定を追加し、以下のようになります。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<!DOCTYPE hibernate-configuration PUBLIC
“-//Hibernate/Hibernate Configuration DTD 3.0//EN”
“http://hibernate.sourceforge.net/hibernate-configuration-3.0.dtd”>
<hibernate-configuration>
<session-factory name=”HibernateTest3″>
<property name=”hibernate.connection.driver_class”>org.postgresql.Driver</property>
<property name=”hibernate.connection.password”>パスワード</property>
<property name=”hibernate.connection.url”>jdbc:postgresql://サーバ名:5432/DB名</property>
<property name=”hibernate.connection.username”>ID</property>
<property name=”hibernate.default_schema”>public</property>
<property name=”hibernate.dialect”>org.hibernate.dialect.PostgreSQLDialect</property>
//追加部分
<mapping resource=”model/Category.hbm.xml” />
<mapping resource=”model/Eigyosho.hbm.xml” />
<mapping resource=”model/Location.hbm.xml” />
<mapping resource=”model/Shohin.hbm.xml” />
<mapping resource=”model/ShohinMaker.hbm.xml” />
<mapping resource=”model/Uriage.hbm.xml” />
//追加ここまで
</session-factory>
</hibernate-configuration>

カテゴリー: パソコン パーマリンク