特定の場所しかアクセスできないFTP設定

CentOS5.3を使って、特定のユーザはHTTPで公開しているフォルダにしか
FTPでアクセスできないようにしてあげる設定です。

#chroot_listを使い、このlistに書かれたユーザは指定された場所から移動できなくする
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
local_root=public_html

#chroot_listへのユーザ記載方法(ユーザ名を書くだけです)
ユーザ名

#ユーザがログインしてくる場所をHTTP公開しているフォルダにする
/home/ユーザ名/./public_html

この3つの設定で、公開フォルダをFTPでアクセスした場合の初期フォルダとし、
それ以外の階層に移動させない事で、関係ない他の設定ファイルを見られる事を防ぎます。

カテゴリー: Linux パーマリンク