CentOSでDiceを設定する

サーバー公開で固定IPではなく、DHCPで振られる動的IPを使っての方法についてです。

 

手順としては、独自ドメインを取得してAネームでその独自ドメイン名とグローバルIPを

紐付けると、公開したサーバーがドメイン名のURLでアクセスできるようになります。

(このサイトだと、http://www.1-east.net/wasure/ でアクセス)

 

独自ドメインは安い所を探してVALUE DOMAINにしました。

まずVALUE DOMAIN側で設定が必要となるのは、

「ダイナミックDNS機能のご利用方法 http://www.value-domain.com/howto/?action=ddns」で

ダイナミックDNSに対応させる事でした。 これをしていないとDiceからのアクセスでエラーになります。

 

というのも、VALUE DOMAINで登録時に設定したパスワードとダイナミックDNSで設定する

パスワードが違うので、この手順でダイナミックDNS用のパスワードを貰う必要があるからです。

(これがわからずに設定ではまりました・・・)

 

続いてCentOS側での設定とコードの一覧です。

[root@CentOS ̃]# cd /usr/local/bin ← /usr/local/bin/ディレクトリへ移動
[root@CentOS bin]# wget http://www.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/yoshihiro_e/download.cgi?p=diced019
← DiCEダウンロード
[root@CentOS bin]# tar zxvf diced01914.tar.gz ← 展開
[root@CentOS bin]# rm -f diced01914.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除

ここから先はEUC-JP対応のSSHやTELNETツールが必要になります。
私はタブの使い勝手が良いPoderosaを使っているので、画面上部のツールバーの
プルダウンでEUC-JPにしました。

[root@CentOS]# setarch `uname -m` /usr/local/bin/DiCE/diced
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

Diceの操作手順はヘルプが見れます
:help
*** 起動オプション ***

diced [-s|-d|-h|-e] [-b] [-l]

 -s           起動と同時に開始します
 -d           起動と同時にバックグラウンドで開始します
 -h           コマンドオプションを表示します
 -b           イベント実行時にビープ音を鳴らします
 -l           ログを作成します
 -e<EventNo>  指定のイベントを実行して終了します

*** コマンド一覧 ***

exit             DiCEを終了します
start            DiCEを開始します
startd           DiCEをバックグラウンドで開始します
setup            DiCEの環境設定を行います
list             登録済のイベント一覧を表示します
add              イベントを追加します
ed[it] <番号>    イベントを編集します
del <番号>       イベントを削除します
en[able] <番号>  イベントを有効にします
dis[able] <番号> イベントを無効にします
ev[ent] <番号>   イベントの情報を表示します
ex[ec] <番号>    イベントを今すぐ実行します
logcr            ログをクリアします

続いて設定
:setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出
<現在:0>
(N)変更しない  (P)戻る
>n
————————————————-
プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
<現在:いいえ>
(P)戻る
>n
————————————————-
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>***.***.***.*** ← 自分のサーバーのグローバルIP
————————————————-
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n
————————————————-
IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です
<現在:10>
(N)変更しない  (P)戻る
>n
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
ください(分)  設定可能範囲は10分から1440分です
<現在:60>
(N)変更しない  (P)戻る
>30
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================
:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
“?”で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>?                  
                 p2p         StaticCling                 dhs                todd            DnsTokyo           Microtech                 DHS            livedoor             3domain               Dynup               No-IP             DDNS.nu               unicc              dyndns           ZENNO.COM            cheapnet           CyberGate             ddns.ca              DynDSL           my-domain                dnip           dynDNS.it             nicolas          HAMMERNODE         RegisterFly            DynDNSdk                 ODS              DNS2Go            ARTofDNS             MyIP.US                ZiVE                dyns            ZoneEdit                 USA            changeIP            MyServer              JSPEED         VALUEDOMAIN                eNom                ysdn                dnsQ                DION               IPDYN          WebReactor                 cjb      did.expoze.com          onamae.com              Dyn.ee              ddo.jp            SelfHOsT            ieServer              instat               DtDNS            EveryDNS          Netservers              Now.nu             BIGLOBE              theBBS            MyDNS.JP              Dynamx             GetmyIP              pcc.jp              JPN.ch                 ODN              @nifty                  yi             miniDNS               Earth                Dynu
=================================================
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
“?”で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>VALUEDOMAIN      ← この下で表示されるURLがDDNS登録時の接続URLと違いますが気にしないで大丈夫です。
————————————————-
<< バリュードメイン >>
URL: http://www.value-domain.com/index.php
*** 情報 ***
・全ホストを更新するにはホスト名に”*”を指定してください。
・”ユーザー名”に入力された内容は無視されます。
=================================================
ドメイン名を入力してください
“?”でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>?
          ← 一覧が何も出ませんでした
=================================================
ドメイン名を入力してください
“?”でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>1-east.net 
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
>*         ← wwwだけならwwwで良いと思います
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
>*********     ← 自分のVALUE DOMAINのユーザ名を入力します
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
>*********     ← ここがはまった所で、VALUE DOMAINのDDNSで取得したパスワードを入力します。
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>1-east.netIPアドレス更新
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
————————————————-
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5 
————————————————-
IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
アカウントを削除されてしまうことがあります
IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
(0)7日毎   (1)14日毎  (2)21日毎  (3)28日毎
(4)35日毎  (5)56日毎  (6)84日毎
(P)戻る
>0
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は”EN/DIS”コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント”1-east.netIPアドレス更新”を保存しました
=================================================

保存された確認は
:list      ← これで登録内容確認
(No.)   (イベント名)                   (スケジュール)             (次回予定)
  0 *! 1-east.netIPアドレス更新       IPアドレス変化時 (7日毎)   05/20 00:01

内容の詳細は
:ev 0
————————————————-
[イベント名        ] 1-east.netIPアドレス更新
[状態              ] 有効
[DNSサービス       ] VALUEDOMAIN
[更新ホスト        ] www.1-east.net
[ユーザ名          ] *******     ← 自分のVALUE DOMAINのユーザ名
[IPアドレス        ]
[スケジュール      ] IPアドレス変化時 (7日毎)

[次回更新日時      ] 2009年5月20日、0:11:45
[最終実行日時      ] 2009年5月13日、0:09:14
[最終更新IPアドレス] *
[最終更新結果      ] Error: ドメイン名またはパスワードが無効です
(ID:000001)
————————————————-

それでは、いよいよ確認の為に設定内容で実行してみます。
:ex 0
実行してもよろしいですか?(Y/N)
>y
+ 5/13 0:33 に1-east.netIPアドレス更新が実行されました
  IPアドレスを更新しました

もし、パスワード設定がダメだったり、ドメイン名の設定が悪いと次の様なエラーが出ます
– 5/13 0:13 に1-east.netIPアドレス更新の実行に失敗しました
  Error: パスワードが無効です
 
再度設定し直すには
:ed 0       ← これで設定済みの内容を最初から繰り返します(登録した内容を変更しない選択が出ます)

 

それでは最後にDiceを常駐させて、Linux起動時にも自動起動するように変更します。
[root@CentOS]# setarch `uname -m` /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
[root@CentOS]# setarch `uname -m` /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l-d -l
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

DiCE Daemon Started !!
[root@CentOS]# echo “setarch `uname -m` /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l” >> /etc/rc.local

以上でDiceの設定終了です。 お疲れ様でした。

—->2009.5.14追記 この設定だけだとダメな事がわかりました。次回の日記へ・・・・

 

カテゴリー: Windows パーマリンク